sol-bulan’s blog(ソルブラン)

起業をして一億プレイヤーを目指す考え方、行動や雑談w

作業が『雑で早い人』vs『丁寧で遅い人』

f:id:sol-bulan:20191022094343j:plain


どもどもソルブランです✩


仕事をしている中で、意見が分かれるテーマです

仕事の作業

『雑で早い人』『丁寧で遅い人』

どちらも一長一短があります



『雑で早い人』

仕事が早く何でもパパっとこなします

しかし、雑なので、抜けがあったり、間違っていたりします


『丁寧で遅い人』

時間は掛かるものの

丁寧な作業をするので、抜けや間違いが少ない



勿論、『丁寧で早い』にこしたことは無いでしょう


ただ、大抵この『雑で早い人』or『丁寧で遅い人』に分かれます


正解っていうのはありませんが

勝ち負けは存在します


まず、仕事は時間です

自分達は会社に『時間』を売っています

なので、与えられた仕事は出来るだけ早くする義務があります

例えば、病院の患者が急変した時

時間をかけて検査していたら致命傷になってしまいます


その中で、絶対に間違ってはいけないこともあります

早く対処してもその対処方法が間違っていたら致命傷なってしまいます


極端な話をしましたが

この2つで致命傷にならない可能性があるのはどちらでしょうか?


『丁寧で遅い人』は間違わなくても致命傷になってしまいます

しかし

『雑で早い人』は間違わなければ致命傷にならず救うことができます

この差は小さいでしょうか?



話を変えて分かりやすく説明すると

何でも、時間をかければできます


逆に言うと

『雑で早い人』は、時間をかければ丁寧にできます

丁寧で遅い人は、早く作業をすることができません


なぜなら、『考えてから動く』と体が覚えてしまっているからです

早くしようとしても

考えてからじゃないと動けません


その点、『雑で早い人』

判断力が早く、体や感で動くことが多いです


『でも、間違っていたら意味がないのでは?』

と、思う方も多いでしょう


勿論、間違っていたら意味はないと思います

じゃあ、丁寧で遅い人は100%失敗しないのでしょうか?


、、、人間なので、ありえません


人の印象はどうでしょう、、、


作業が早く10回中3回失敗する人か

時間がかかり10回中1回失敗する人


人間の心理になってきますが

時間がかかっていて失敗すると、印象は最悪です


以上のことから

『雑で早い人』vs『丁寧で遅い人』では

『雑で早い人』の方が色々な意味で勝ちます



じゃあ、どうしたら早く作業ができるようになるのか?

これは、自分の『気持ち』が大きく左右します


『早くする』っていうのはそれだけで『スキル』になります

例えば

F1レーサーが、ゆっくり丁寧にコースを走って、大会で1位になれるでしょうか、、、

下手でも速度を上げ、挑戦して初めて上達します


それと一緒です

まずは、意識して早くすること

その内、その速さになれてきます


そしたら、次のステップです

次は、今の作業をしている時に次の作業の事を考えます


工場で働いている人は分かりやすいと思いますが

目線1つでも、次の作業を見ると、スピードは上がります


次の作業を考えないと

今の作業が終わった時、フリーズの時間が絶対発生します

この、フリーズの時間は単純にムダです


結局、早さは『ムダ』を無くすことです


これができれば『丁寧で早い人』に近づくことも可能です


仕事で悩んでいる方、成長したいなら、挑戦してみましょう✩