sol-bulan’s blog(ソルブラン)

起業をして一億プレイヤーを目指す考え方、行動や雑談w

もうすぐクリスマス 僕が物心ついた頃に親から言われた言葉が、、、

f:id:sol-bulan:20191220110543j:plain


どもどもソルブランです✩

もうすぐクリスマスですね

世間は良い雰囲気に包まれていることでしょう


さて、題名にもなっていますが

ソルブランこと僕の幼少期の話を思い出したので

聞いてくださいww


保育園に通っていた4歳くらいだったと思います

勿論、クリスマスが近くなると保育園はお祭り騒ぎ

ツリーに飾り付けをしたり

サンタさんの絵を描いたりと

保育園児も忙しいわけですww


その中で、園児同士喋る話題はやっぱりプレゼント

あまりよく分かっていないが

先生から『サンタさんに何をお願いするの?』

と言われまくるので

自然とサンタさんから何か貰えるモノだと思っていました


家に帰ったら、お母さんに嬉しそうに話します

『サンタさん来るから靴下ちょうだい!』



するとお母さんは言いました、、、

『あのね、サンタさんはいないのよ』

『だからプレゼントも貰えないの』


衝撃ですよねwww


いやいや、保育園の先生言ってたよ?

え?嘘なんですか?

園児とはいえ、人間不信になりまっせ、、、ww


そう思っていると

お母さんが言いました

『因みに欲しいモノあるの?』

って言うから、素直に答えました

『弟が欲しい』

僕は3人兄弟の末っ子だったので弟が欲しかったみたいです


するとお母さんが

『あのね、弟を作ろうと思ったら、、ピー、、ピー、、、ピー、、、ピー、、ピーィ、、、、』


懇切丁寧にリアルな子供の作り方を教えられましたwww


もぅそんな話されたらサンタさんなんてどうでもいいww


2回目の衝撃が大きすぎてパニックですww


当時の僕は気持ち悪いイメージしかできなかったのを覚えています



今思えば、よく4歳の園児に説明したな、、って思うww


それ以降、僕にクリスマスはありませんww


これが僕の衝撃的なクリスマスイブの話です


なかなか酷くないですか?

誰かコメントで慰めて下さい、、、ww